郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

11.道南/函館(渡島檜山)

2015.11.18(水) 函館・椴法華~南茅部 ⑤

▲(道内・1350局目) 椴法華(とどほっけ)郵便局 2004年に函館市に吸収合併された、椴法華村の中心。 北海道らしい名前。 △「灯台ファミリー博物館」と、恵山が描かれる。 ▲(貯金非扱い) 古部簡易郵便局 漁協の中。国道から漁港への道を降りたところで、…

2015.11.18(水) 函館・湯の川~戸井~恵山④

△尻岸内八幡神社。1616年創建、御鎮座400年とのこと。 随分古くからこの辺は人が住んでいた。 ▲(道内・1347局目) 尻岸内(しりきしない)郵便局 朝一で訪れた、亀尾郵便局から山沿いを進む道道41号線がここで合流。 日浦灯台、日浦旧道のトンネル、恵山と…

2015.11.18(水) 函館・湯の川~戸井~恵山③

△函館から恵山御崎までの、函館バス下海岸線。 恵山まで片道2時間、1470円・一日8本程度でまあまあ本数がある。 雪がない季節だったら「函館旅するパスポート」のフリー区間なので、 乗り降りしながら戸井線跡を探索したりすると楽しそう。 戸井線汐首アーチ…

2015.11.18(水) 函館・湯の川~戸井~恵山②

引続き、津軽海峡沿いを進む。 ▲(道内・1342局目) 小安(おやす)郵便局 国道278号線を離れ、旧道沿い。北海道の旧道は真っ直ぐな道が多いが、この辺は本州のような道。 函館~恵山のバスはこの旧道を走る。 昆布漁の風景と、近くの「志海苔」地区が集団繁…

2015.11.18(水) 函館・湯の川~戸井~恵山①

函館市内に泊まり、翌朝は津軽海峡沿いに市内東側・恵山に向かって進んだ。 ▲(道内・1335局目) 亀尾郵便局 函館から南茅部へ向かう街道沿い。 近くに北海道では珍しい、大山祇神社があるようだ。付近は農村地帯。 ▲(道内・1336局目) 函館西旭岡郵便局 一…

2014.12.25(木) 函館②

さらに函館を回る。 こんなのぼり、始めてみた。 ▲(道内・1228局) 緑町簡易郵便局 七飯駅裏の、住宅街の中に。 ▲(道内・1229局) 峠下簡易郵便局 国道5号線、大沼から峠を下ってきたあたりに。 近くにはラッキーピエロとかがある。 ラッキーピエロには恥…

2014.12.25(木) 函館①

函館地区で、多分最後のSL運行になる、クリスマスファンタジー号を見に函館へ。 ついでに近辺の郵便局をめぐった。 ▲(道内・1225局) 渡島昭和簡易郵便局 12月25日に、1225局目に到達。こんな日に一人で旅している気持ちが、若干和らぐ。 △七重大川簡易郵便…

2014.12.25 函館のSL

今年最後の、函館のSL・クリスマスファンタジー号。 2009年までは札幌~小樽で運転されていたらしい。北海道新幹線を盛り上げるためと聞いていたが、残念ながら今年で運行終了らしい。 五稜郭を発車。架線柱がじゃまだけど、機関車が頻繁に入れ替えしていて…

2014.5.8(木) 帰り道

青函トンネルの工事拠点だった吉岡で郵便局めぐりを終え、北海道最南端の白神岬まで足を延ばす。 本州側の竜飛岬の丁度対岸にあたる。ずっと昔、父に頼んで車で竜飛岬へ行ってもらい、はじめて北海道を肉眼で見た。意外とはっきりくっきりと見えることに驚い…

2014.5.8(木) 旧・松前線に沿って③

そういえば、新しいカメラを買った。よって、今までのカメラは今回の江差・松前が最後になった。 IXY degitalの200Fというやつで、2010年8月に購入。郵便局の写真はすべてこれで撮っていた。 今ではスマホより劣る写り具合。画像が暗く感じられたり、色がく…

2014.5.8(木) 旧・松前線に沿って②

さらに旧・松前線沿いを進んでゆく。函館は曇り空だったが、段々天気が回復。 (道内)1077. 涌元郵便局 知内~福島の間は海岸まで山が迫っているため道がなく、松前線や国道は大千軒岳の麓の峠を越えている。 涌元はその海岸沿いを進んだところだった。 さ…

2014.5.8(木) 旧・松前線に沿って①

かつて江差線の木古内から分かれる形で走っていた、松前線沿いを郵便局めぐり。 江差線とは兄弟のような路線だったが、根っこの五稜郭~木古内が江差線だったので、 先っぽの松前線だけ先に廃止になってしまった。 青函トンネルの開業数ヶ月前だったと思うが…

2014.5.7(水) 高速バスで函館へ

5月11日で廃線となる江差線に向うべく、高速バスで函館へ。これで本当に最後だ。何度も乗りにいけて本当に幸せだ。予報は雨だったものの、結局大雨にならずにすんでよかった。桜の開花にあわせてと思っていたが、今年は少し早く開花。でも、江差線に乗れるだ…

2014.5.8 最後の江差線②

江差市内に泊まって、翌朝の江差線で函館へ戻る。 江差を6時台と8時台に出る列車は、江差あたりに泊まらないと乗れないので、普通のお別れ乗車の人は少なくて、ローカル線らしくのんびり車窓を楽しめる列車だった。それでもこの日は先頭車はボックスが埋まっ…

2014.5.7 最後の江差線①

最後の江差線へ。人がたくさん乗っていて、ちょっと嬉しかった。 北海道のローカル線は、人が乗ってなさすぎなので。 それでも道南は、まだ人が乗っているかな。 △函館を16時過ぎに出る、江差行128D。江差には19時着。 △上磯の手前にて。桜がきれいに咲く。…

2014.3.6(木) 函館市内から札幌へ戻る

3月5日~6日の、江差線ばかりでいささか飽きてきた。 もうこれで最後、函館市内を少し回って湯の川からバスで札幌へ帰る。 1034. 函館柏木郵便局 函館の繁華街、五稜郭公園の近くで市電を降りて訪問。風が強い。 1035. 函館深堀郵便局 函館競馬場の真ん前。 …

2014.3.6(木) 札苅

これを書いている今日は4月3日。もう本州は桜が咲いてるんだよなあ。こちらもあと1月のガマン。 今まではこの季節になると無性に桜を見たくなるが、今年はいつもほど思わない。 環境になれつつあるのかなあ。 春の雪解けの清清しさとか、本当に気持ちがいい…

2014.3.6(木) 釜谷~泉沢

これを書いている今日、札幌は温かい雨が降って、道端の雪も消えた。 雪がなくなって日差しが暖かいと本当に嬉しい。 相変わらずブログは3月6日のことを。津軽海峡線の小駅と郵便局めぐり。 △江差からの列車を、釜谷駅でおりた。天気が悪いので少し迷ったが…

2014.3.6(木) 暴風雪、江差

春が近づいてくると、低気圧が何度も通過するので北海道は天気が安定しない。 交通機関が止まるのも頻繁で、江差線が止まらなかったのはありがたかった。 △マイナス2度、ってのは別に寒い朝ではないが、風が非常に強い。だから寒い。 △乙部・熊石までのバス…

2014.3.5(水) さらに江差線

湯ノ岱から一旦木古内方面へ向かい、吉堀で下車。折返しの江差行きを待つ。 特に全駅下車をしようとか、そういうのではないが、折角なのでめずらしい場所で降りてみた。 △吉堀駅。車掌車を改造した待合室。中はそこそこ快適だったりする。 吉堀からはまた折…

2014.3.5(水) 江差線・湯ノ岱駅と郵便局

最後に、雪の中を走る江差線を一度見てみたかったので、本当に良かった。 こんな天気だと、来る人も限られるんだろう。そこそこ静かな、普段の江差線を味わえた。 △遠くから来る人も少なくないせいか、いつもより除雪に気合が入っているように見えた。ぼたん…

2014.3.5(水) そして江差線①

今回の旅行のメイン、江差線。去年の夏、秋の頃は人で一杯だったが、この日は程よく、1人1ボックスくらいで丁度よかった。8割がた、鉄な人々と思われる。殆ど東京や関西方面から来ている人たちのように見えた。 △湯ノ岱駅。駅員さんが常駐。温泉もあるし良…

2014.3.5(水) 函館市内3局

知内駅を見た後、一度函館市内へ戻り、いつもの行動。 △五稜郭駅で降りて、さて街中へ。ここは駅前に亀田温泉という銭湯があって、東京から列車を乗り継いできて、ここで風呂に入るのが常だった。今は休業中らしい。あのしょっぱい、激熱の風呂に入ってこれ…

2014.3.5(水) 津軽海峡線・知内駅へ

3月5日~6日は函館方面へ。津軽海峡線の知内駅が廃止になるらしいのでちょっと行ってみた。 △江差線のフリーきっぷを利用 △木古内で降りて、松前行きのバスに乗る。この季節にしては暖かい日だった。 △旧松前線の代行バス。懐かしい駅名が並んでいた。 △知内…

2013.10.17 函館③

渡島当別で降りる。トラピスト修道院への最寄り駅で徒歩20分とか。折角なのでいってみるとことにする。 江差線の踏切を渡って右の方へ上がっていった先だ。 意外と素朴でいいところだったが、中は予約制かつ男性のみとかで敷居が高く、実際見るところは殆ど…

函館・夜行バス日帰り紀行②

七重浜の温泉銭湯で1時間ほど休息。朝から結構賑わっている。本州便のトラックの運転手とかに愛されているようだった。大人400円が11月より420円値上げだとか。景気が良くなってきていることの証明とも取れるので、悪いことばかりでもないんだろう。 風呂上…

函館・夜行バス日帰り紀行①

函館へバスで夜行日帰りで向う。 23:50 札幌・大通バスセンター前発 函館行夜行高速バス 函館へはバスだと約5時間。この距離だと朝でると昼過ぎになってしまうので、夜行が重宝する。 昔はJRも夜行があったので、これを宿代わりにして北海道中を回ったのが懐…

2013.10.17(木) 函館・北斗~木古内

10月の連休は15~17日で頂いたが台風が直撃。最終日だけ天気が良さそうだったので函館へ向う。 JR派だった自分には北海道への上陸地点。よく通っていたので、どうせなら道東・道北へと思ってしまう。 なので札幌に来てからは数えるほどしか行ってない。 新幹…

2013年5月20日(月) 江差線へ

前後するが、5月20日は函館~江差線へと行った。 廃止が確定してしまったので、人が多くならないうちにと考えてである。 聞いた話では、沿線にはテレビの取材なども毎日のように入っているらしく、 新幹線と絡めてかなり盛り上がりそうである。 天気が悪くて…

2012年10月17日(水) 黒松内周辺

前日は瀬棚町(熊石地区)の見市温泉に宿泊。 こじんまりとした宿だった。 この辺はあわびが名物なようだが、自分はあまり得意でなく、 とても自慢げに出されてくるので申し訳ない気持ちになる。 この辺は円空の滞在した史跡が点在しており、 それをいくつか…