郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

2019.03.01 奈良・郵便局めぐり① 下市~五條

奈良の郵便局めぐり。畝傍御陵前でレンタカーを借りてスタート。
大和八木からまっすぐ南下する国道168号沿いに進むと、郵便局のマークが見えた。
P3010556_s
▲(奈良・35局/全国・1736局) 畑屋(はたや)簡易郵便局
高取から峠を越えて、大淀町に入ったところにあった。
奈良の平野部は簡易局がとても多く、ここ大淀町は8局中5局も簡易局。

P3010566_s
国道168号。局前から下市/吉野方向。2車線の普通の道だが、
高取との峠(芦原峠)は登坂車線があって走りやすかった。
下市からは国道は左折して東熊野街道になって熊野市へ通ずる。

P3010575_s
▲(奈良・36局/全国・1737局) 新住(あたらすみ)簡易郵便局
吉野川(紀ノ川)を渡って下市町。
簡易局ながら中は貯金/為替と郵便の窓口が別れていた。
開局して50年弱とのことで、私と同じくらいの建物でしょうか。
郵便局を守るように松が立っていた。
となりは八百屋さんだったが、地物の野菜が並んでいて面白かった。
P3010586_s
▲(奈良・37局/全国・1738局) 南阿太(みなみあだ)簡易郵便局
一旦西に向かい、五條市。1月の時の落穂ひろいに回ったが、
五條の簡易局はいぶし銀というか、とても味があるのが多い。
丸いアーチ状のモルタル造りは、昭和一桁あたりの流行でしょうか。
北海道の上川駅の上屋に通じる味わい。

P3010592_s
▲(奈良・38局/全国・1739局) 大阿太(おおあだ)郵便局
国道370号沿い。ぱったり車どおりが絶え、お昼かなと思ったら
本当に丁度12時であった。地方の方は本当に時間通りに暮らしてますね。
ちなみに近鉄吉野線に同名の駅があるが、あちらは大淀町内、
郵便局は五條市内にあるようだ。
さらに五條市内をまわった。