manok 郵便局めぐり(風景印と旅行貯金の記録)

旅と郵便局めぐりの記録です。

2019.07.30 胆振豊田局ほか

ブログに上げそびれてた分の過去記事です。

 

f:id:manok-rosen:20210328234101j:plainf:id:manok-rosen:20210328233210j:plain

 

胆振豊田局が前年の胆振東部地震で損傷を受けてしまい、使用継続が難しくなったため業務廃止。7/31の最終日を前に訪問しました。

 

f:id:manok-rosen:20210328230103j:plain

 

f:id:manok-rosen:20210328230214j:plain

 

f:id:manok-rosen:20210328230330j:plain

▲(北海道・575局/全国・627局)胆振豊田郵便局

局番:90258 1939(昭和14)年6月21日開設~2019(令和元)年8月1日廃止

富内線豊田駅の駅前に設置された郵便局でした。駅がなくなっても駅前に集落が残ってました。富内線沿いの道路は鵡川の対岸を通るため、この集落はわざわざ入ってこないとなりません。それ故残っていたのではないかと思います。

 

f:id:manok-rosen:20210328231117j:plain

ポストはがきを購入。

 

f:id:manok-rosen:20210328231550j:plain

△2020/10/13 廃止後に訪問。建物はそのまま残ってました。

築70年。戦前~戦中は国策として郵便局がたくさん作られました。その頃の建物が老朽化しているのでしょうね。

 

f:id:manok-rosen:20210328232249j:plain

富内線の橋。まだ残ってました。丈夫なものです。

 

f:id:manok-rosen:20210328232500j:plain

▲(北海道・951局/全国・1004局)苫小牧川沿郵便局

局番:90521 1990(平成2)年11月26日開設

苫小牧の郊外にある局。ここは風景印がなかったので貰いにきました。

この日は以上です。

 

 

 

f:id:manok-rosen:20210328233320j:plain

△おまけ・社台郵便局 国道の拡幅で移転となったためこの局舎は見納め。

北海道で局めぐりを始めたころ、馬の話など色々してくれたことをよく覚えています。

この日行った局はどこも局めぐりはじめた最初の頃の訪問でした。最初の頃は単に地名の入ったものを残すためだけでしたが、局の方とお話したり利用者の方を観察させていただいたり、そんなことが段々と楽しみになっていくのでした。