郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

2022.12.22 【神奈川西部スタンプラリー】綾瀬、箱根町①

少し前、年末に箱根へ。レンタカーを借りて出発。

まずは途中寄り道、綾瀬局。

f:id:manok-rosen:20220308001237j:plainf:id:manok-rosen:20220308001338j:plain

 

f:id:manok-rosen:20220308001533j:plain

▲綾瀬郵便局(神奈川・466局/全国・2554局)

局番:09052 1999(平成11)年6月28日開設

東名綾瀬バス停の近くにある、巨大な郵便局。当初は横浜集中局から地域区分業務を引き継いだみたいですが、今は海老名の方に「神奈川西」局がつくられて、地域区分はそちらで行ってるみたいでごく普通の集配局。

一度訪問して風景印は貰ってますが(2020年2月2日)、土曜日だったので貯金できなかったため、今回で訪問達成としてます。

 

f:id:manok-rosen:20220308004345j:plain

ここの局は社員食堂が併設。外部にも開放されてるみたいです。

前は大々的に幟が立ってましたが、コロナのご時世のため控えめに。

 

f:id:manok-rosen:20220308004644j:plain

東名綾瀬バスストップのところに、スマートインターが出来ました。

今回はここを使いたかったのでした。

 

f:id:manok-rosen:20220308004952j:plain

小田厚から国道1号に入り、箱根路へ。

 

f:id:manok-rosen:20220308005402j:plain

f:id:manok-rosen:20220308005921j:plainf:id:manok-rosen:20220308011232j:plainf:id:manok-rosen:20220308011627j:plain

▲箱根湯本郵便局(神奈川・467局/全国・2555局)

局番:02031

箱根の入り口。観光地を代表する郵便局と思ってましたが、今は無集配特定局。

目の前の道は旧東海道で湯元の手前で分岐して箱根七曲りを通って箱根町へ通じてます。

 

f:id:manok-rosen:20220308011942j:plainf:id:manok-rosen:20220308012028j:plain

宮ノ下温泉簡易郵便局(神奈川・46局/全国・2556局)

局番:02720 1995(平成7)年9月25日開設

元々は宮ノ下局が温泉街の中(簡易局の近く)で営業してましたが、上の方に引っ越す際に不便にならないよう、この簡易局が置かれたみたいです。

 

f:id:manok-rosen:20220308012559j:plain

f:id:manok-rosen:20220308013340j:plainf:id:manok-rosen:20220308013549j:plainf:id:manok-rosen:20220308123310j:plain

▲箱根宮ノ下郵便局(神奈川・469局/全国・2557局)

局番:02011 1995年7月17日移転、現在位置へ。

国道一号線のヘアピンカーブの途中にあります。開設時期不明ですが、局番号から明治期前半には成立していたのではと思います。

 

f:id:manok-rosen:20220308013858j:plain

f:id:manok-rosen:20220308015512j:plainf:id:manok-rosen:20220308015559j:plainf:id:manok-rosen:20220308015656j:plain

▲箱根宮城野郵便局(神奈川・470局/全国・2558局)

局番:02499 1967年3月16日

宮城野。ここら辺は箱根ではめずらしい普通の集落です。

郵便局は比較的新しいみたいでした。