郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

2021.12.01 苫小牧で風景印・小型印(1)

とまチョップ生誕10周年・小型印

半年前、2021年末の記録です。

苫小牧で、とまチョップの小型印が設置されました。

雪が降る前にと思い局めぐり。22局。風景印と日付印もついでに。

 

朝の新札幌

12月の札幌の標準的なお天気。薄暗くて寒い日が多い。加えてこれから長い冬が待ってるのです。夏の気持ち良さとの引き換えですね。レンタカーで苫小牧へ移動。

 

 

▲苫小牧三光郵便局(北海道・924局/全国・973局)(3訪)

局番:90312 1945(昭和20)年4月16日開設

今回はこちらからスタート。なかなか小型印に理解がある局みたいでラッキーでした。

押印中に雨が大雨(というか嵐)に。おかげで他のお客さんが居なくて、ゆっくり押印。駐車場まで傘さして送ってくださいました。感謝。

 

▲苫小牧明野郵便局(北海道・923局/全国・972局)(3訪)

局番:90496 1987(昭和62)年12月14日開設

市の東側の方にある局。札幌に近い場所で、最近はこのエリアが活気があります。

苫小牧は駅で降りると衰退してるように見えますが、クルマで来るとちゃんとした街。トヨタの工場があるせいかもしれません。

 

▲苫小牧ナナカマド郵便局(北海道・922局/全国・971局)(2訪)

局番:90560 1998(平成10)年3月30日開設

ここも西部エリアの新しい町で新しい局。そのためか風景印がありません。

 

▲苫小牧緑町郵便局(北海道・933局/全国・986局)(3訪)

局番:90331 1960(昭和35)年1月16日開設

前は札幌からの高速バスが目の前を通ってましたが、バスは室蘭線の陸橋の工事でルート変更され今は通らなくなってます。町の中心が駅の周りからどんどん西側へ移っていってますね。

 

▲苫小牧木場郵便局(北海道・934局/全国・987局)(3訪)

局番:90453 1981(昭和56)年12月14日開設

苫小牧駅の裏手のエリアにある局。敷地が不思議な三角形をしてます。

 

 

 

manok.hatenablog.com

▲台紙に押してみたものは以前こちらでアップしてます。

2022.05.10 札幌市内(3)南十四条~札幌弥彦神社

市電で南十四条

循環運転で便利になった市電。西四丁目からすすきの~行啓通へ。

 

旧型の市電が来ました。住んでた頃は混むしエアコンついてないしで敬遠してましたが、たまに乗る分には古い方が嬉しい(そのうちなくなっちゃいますからね)。

連番の248号は先日廃車になって、北24条/幌北車庫跡で保存されたのがニュースになってましたが、この247号は運用中。1960年製。

 

市電・行啓通で下車。

 

札幌南十四条郵便局(北海道・721局/全国・773局)(再訪)

←新局舎 旧局舎(2013.6.25)→

局番:90182 1926(大正15)年7月26日開設

建替えで2020年9月~21年4月まで一時閉鎖されてました。新しい局舎を見学がてら再訪。風景印がなかったため1回来たきりでした。新局舎、外壁が同じ色のせいかあまり雰囲気変わってないですね~。

 

隣のおもちゃ屋さん?ゲーム屋さん?は閉店になってました。

 

前回訪問時は2013/6/25、新車のポラリスがデビューした頃。

1編成2.6億円。車体が大きくて空いてるしエアコンが付いてるのでとても快適です。

今は諸般の事情で一回り小さい1100型シリウスが増備され、旧車の置き換えが進んできてます。

 

中島公園と鴨々川。札幌駅のあたりでは石狩街道の真ん中を流れる創成川の上流。

八重桜がきれいでした。

 

札幌弥彦神社。久しぶりでしたのでご挨拶。

ここは何かがあって心が折れそうな時、よくお参りに訪れてました。地下鉄の駅から近いので雪道をあまり歩かずに訪問できるのです。気持ちの良い場所。

 

札幌の花手水。直接見るのは初めて。

とても自然に飾られてていい感じですね。関東の花手水は、流行に乗ってやってる感がありますが、札幌だともっと自然に花が飾ってある感じ。冬は花が視界から一切消えてしまうので、暖かいうちに目いっぱい花を楽しんでおきたい、そんな感じでしょうか。

 

 

2022.05.10 札幌市内(2)大通公園

大通公園

バスを時計台前で降りて、次は路面電車。ついでに前を通った郵便局へ立ち寄り。

 

札幌大通郵便局(北海道・1323局/全国・1434局)(再訪)

局番:90362 1965(昭和40)年10月1日開設

局めぐとして来たのは2回ですが、多分もっと来てます。

以前は札幌中央局がテレビ塔の真下にあって、移転に伴い代替として設置されたものと思います。民営化前から無集配直営局でした。今でも記念切手の特印の定例局です。

 

白い方のライラックは花盛りでした。ピンクの方はまだ咲きはじめ。

 

 

良いお天気。5月の札幌は本当に素敵です。5月~6月前半、あと10月前半が好きな時期でした。観光客も少なくて、地元の人が札幌を堪能している姿がとても好きでした。

 

札幌大通公園前郵便局(北海道・490局/全国・523局)(5訪)

局番:90565 1998(平成10)年10月7日開設

ここは比較的新しい局。しばらく風景印がありませんでしたが、2018年にようやく作成されました。

 

路面電車で移動します。さらに続く。

2022.05.10 札幌市内(1)

大谷地

今回の旅の目的の一つ、大谷地。目的は風景印。

新札幌駅からJRバス1系統に乗車。

 

並んでる人にこのバス厚別警察に行きますか?と聞かれる。けれども最寄りのバス停で誰も降りず。少し先の厚別西通で降りていきました。教えてあげればよかったけど、乗らなかったのかと思って気が付かず。ゴメンなさい。

休みの日は大体この界隈でブラブラしてました。駅ビルも便利。今使ってる免許証も厚別警察で更新したものです。

 

変わってないな~。流通センター通で下車。

 

大谷地(北海道・623局/全国・675局)(4訪)

局番:90370 1966(昭和41)年10月1日開設

国道12号線、白石本通に面す。なおこの大谷地という地名は少し複雑です。元々はこの郵便局のあたりが大谷地だったのですが、地下鉄の駅がもっと東側の厚別の方にできてその辺が今は大谷地と言われてます。2キロぐらい離れてます。ですがこの郵便局と小学校だけ今でも大谷地を名乗ってます。この辺は一般には「流通センター」もしくは「18丁目」。でも本来の「谷地」の地形はこの辺。今の大谷地は台地の上。不思議。

新風景印(左)(2022年4月15日設置)

白石東鉄砲隊・わんこ隊長と白石東雪の精・ゆっきい

わんこ隊長は宮城からの移民によって今も続く白石片倉鉄砲隊がモチーフ。

旧風景印(右)(2019年6月28日廃止)

札幌文化交流館(白石亭)と白石区の花・バラ。

白石亭が解体されてしばらくは使われてましたが、そぐわないとのことで廃止。

廃止日1週間前に記念押印に来たときのものです。

 

下白石バス停から、JRバスで札幌市中心部へ向かいます。続く。

2022.05.10 函館→新札幌・北斗1号(1D)

特急・北斗

今回の旅は久々に移動がメイン。

朝6時発の北斗1号。宿の朝ごはんが食べれませんが、これだと札幌に10時前に到着できてその後がスムーズ。まあ結局、旭川まで早く着けてもその先網走への列車が夜までないですけどね。一度始発の北斗に乗ってみたかった。

 

 

 

 

函館駅。久々の旅立ち。ここに立つと初めての北海道を思い出します。

 

懐かしの周遊券の旅、今再び。昔は指定席なんて取れませんでした。

 

 

 

 

大沼だんご。日持ちしないのを忘れてました。賞味期限切れ。過ぎたといっても餅が堅くなるくらいです。

ちなみに1つ390円。初めてでしたが意外とあっさり。みたらしが神がかってます。鳥肌が立つほど。

昔はスーパー北斗アテンダントさんに頼むと大沼公園で届けてくれたんですが、車内販売が中止になってしまい今はできません。途中下車必須。

 

新札幌到着。着いた、というより帰ってきた感。9:40到着。

2022.05.09 函館で局めぐり~おまけ(2)

大沼公園駅

大沼は、北海道の軽井沢みたいな場所。駒ケ岳と湖のある観光地。

前は特急が到着するたびにお客さんで溢れてましたが、今は静かです。

戦争中の軽井沢は、こんな雰囲気だったのではないかと。人影まばらな避暑地。

 

駅舎の雰囲気も駅員さんの所作も素敵でした。しかし新幹線のできる9年後には果たしてどうなってるのでしょう。

 

 

 

大沼駅

こちらは砂原線、藤城線が合流分岐する駅。昔から普通しか止まりませんが、有人駅でみどりの窓口もあります。

 

 

北斗14号が通過。281系も昔から大好きな車両。意外と新しもの好きなのです。今はもう旧車かな。

 

この日は函館駅直結のJRイン函館へ。はこだて割で半額。

 

少しおしゃれで落ち着きませんでしたが、寝具がいいもの使ってるらしく、気持ちよく寝れました。短時間で体力が回復。ブルートレインのA寝台で寝てるかのごとくでした。

 

6年前。函館駅

夢に見る街

札幌の時計台。札幌時代、ほとんど毎日のように見てましたが、札幌の開拓の歴史を共に歩んできたなかなか素敵な建物だと思います。

 

目の前の市役所の敷地に、時計台撮影用のスポットがあります。さすがに毎日通ってると気恥ずかしいので上ったことがありませんでした。なので今回、喜び勇んで登ってきました。丁度高速バスが続々やってきました。流氷観光のガリンコ号の描かれたバスも来ました。慌てて撮影。

 

(一昨年、横浜に寄港したガリンコⅢ・イメル)

 

離れること2年半。1年前は「お~懐かしい!」ってなりましたが、今回着いた瞬間はあまり懐かしいという感じがしなかったです。すこしずつ遠ざかってきた。

 

ライラックの白い花。今の札幌は観光客が少ないので落ち着いてますね。

今でもたまに札幌の頃の夢を見ます。不思議。3ヶ月に一回、ほんとに忘れたころにって感じです。その日は一日中幸せな気分だったりします。どうでもいい話で、ホントに申し訳ないです。