郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

10.宗谷/稚内

2019.10.02② 道北/天北線・宗谷北線沿い数局

そろそろ道民生活も終わり。これからどうなるのか判らない不安。 とはいえ地元に戻れるのはやはり嬉しい。安堵感に耽りながらの旅でした。 ▲(北海道・200局/全国・205局) 沼川郵便局 局番:99084 1923(大正12)年12月1日開設 天北線の主要駅があった集落。…

2019.10.02① 稚内市内で風景印

2年前の記録。天塩町で泊まり、オロロンラインを走って稚内。 市内の風景印が未収集だったため、設置局を訪問。 最初の頃は大きな街は本局だけ集めてました。 ▲(北海道・194局/全国・199局) ①稚内宝来郵便局 局番:99145 1944(昭和19)年2月21日開設 稚内の…

北見枝幸駅跡の一級食堂のこと

北見枝幸駅前に残る一級食堂のこと。2015年11月13日訪問。 ここへ来てたのは興浜北(こうひんほく)線。 1936年7月11日開業、戦時中不要不急として休止されるも戦後すぐに復旧。 国鉄の第一次特定地方交通線に指定され、1985年6月30日廃止。 この路線は、い…

2019.09.06 利尻・礼文②

利尻の旅の続き。今度は船で礼文・香深へ。 礼文の局は4局、全部に風景印があります。 桟敷で少し横になってると、あっという間に到着。船に乗ってると時間の流れがおかしく感じられます。普段の4時間=船上の1時間くらいの感覚。 ▲(北海道・1508局/全国・1…

2019.09.06 利尻・礼文①

2年前の9月、利尻礼文、略して利礼の旅。丁度北海道胆振東部地震の1年後で、何となくそれを記念しての旅。 △利尻には郵便局が6局。うち3局に風景印があります。 △利尻山(利尻富士)。標高1721m。最北の日本百名山。 島から見る利尻は、サロベツや抜海あたり…

【2010.08.31】 道北・音威子府あたり

2010年8月31日分のラストです。 音威子府近辺の数局へ。この辺の局はどこも印象に残ってますが、特に恩根内局の道内標準といえそうな、普通な感じの局舎ですが、煙突の存在感がなんともいえません。 空にほんのり秋の色。 ▲(北海道/全国・158局) 小頓別郵…

2010.10.19 ③ 浜頓別~中頓別

2010年10月の記録。最後の3局は局舎撮影のための再訪でした。 ▲(北海道・214局/全国・219局)浜頓別郵便局 局番:99069 1920(大正9)年10月11日開設 浜頓別の中心。天北線が海沿いに出る場所。 風景印:クッチャロ湖と白鳥とはまなす ▲(北海道・214局/全国…

2010.10.19 ② 宗谷岬~猿払・浜頓別

10年まえの道北旅行の続きです。はじめての宗谷岬。北海道にいる間を通して、ここまで足を延ばしたのはこの一回だけでした。 樺太(サハリン)が見えました。普段は見えない事が多いと聞いてたので、こんなにくっきり見えるのは少し驚きでした。秋~冬しかみ…

2010.10.19 ① 道北・稚内~宗谷岬

先日の天北線近辺の旅の続き。3日目も市内の局めぐりからスタート。 この数日前には市内では露天風呂は終了。冬の足音が聞こえ始めてくる、そんな時期でした。この年の2月に札幌に来たばかり、はじめて迎える冬の北海道です。 冬の北海道は何度も来て「知っ…

2010.10.18 道北・豊富近辺

2010/10/18の後半。稚内市街から南~東側へと進みました。 宗谷線沿いから旧・天北線沿いへ。 ▲(北海道・198局/全国・203局)勇知郵便局 局番:99088 1927(昭和2)年3月1日開設 勇知駅は天塩北線として1924年6月開業。1926年に天塩南線と繋がって1930年に宗…

2010.10.18 秋の道北・稚内

10年前くらいの、昔の旅の記録、さらに続けます。 思い出話ばかりで恐縮ですが、10年近く住んでみた今、振り返ってみると気が付くことが結構あるのです。今度は秋の稚内。 ▲(北海道・193局/全国・198局)稚内郵便局 局番:99002 1876(明治9)年1月25日開設 …

2010.06.25 道北・天北線沿い

北海道、3回目の郵便局めぐり旅。最東端を押さえた後は北へ。 天北線と美幸線の未成区間を巡る旅でした。 天北線は子供時代から乗りたい路線でしたが、間に合いませんでした。 ▲34. 歌登(うたのぼり)(再訪・2015/11/13) 前夜は歌登健康回復村に泊まって…

2019.09.06 夜のわっかない

最後は礼文からフェリーで稚内へ戻り、久々の稚内でちょっとダラダラして帰路につきました。 北防波堤ドーム。樺太への連絡船のりばへの通路として作られたもの。 いつも北風が強い稚内駅の周辺で、風をよけて歩けるようになっていた。 あの頃、樺太へ渡った…

2019.09.05~06 利尻・礼文④

礼文・香深行きの船に乗りますよ。さようなら、利尻。 船は行きと同じ、サイプリア宗谷。 ブリッジを渡って船へ。 買ってしまった。東京に戻ったら、カバンにつけて見せびらかそうっと。 この山、登山の人の憧れなんだろうな。深田久弥「日本百名山」の最初…

2019.09.05~06 利尻・礼文③

利尻の後半。北半分、礼文の島影を望みながら進みます。 ▲(北海道・1504局/全国・1690局) 利尻くつがた郵便局 局番:99008 1894(明治27)年1月1日開設 ※2015年4月20日改称 沓形(くつがた)→利尻くつがた 旧局名は120年も続いていたんですね。 この改称聞…

2019.09.05~06 利尻・礼文②

翌日、9月6日。利尻・鴛泊。後ろの断崖が季節風を防いでくれるんでしょうか。 利尻は稚内やら、対岸の宗谷地方全般より風も穏やかみたいでした。 部屋からよく港が見えた。利礼航路(ハートランドフェリー)は夜間滞泊はないみたいないので、 あそこの船はな…

2019.09.05~06 利尻・礼文①

9月最初の休みは、稚内へ向かった。 離島が郵便局未訪になっていること、稚内市内の風景印が未収集ということと。 3連休をいただいているが、あいにく後半の天気が悪い予報(実際はさほどでなく)。 念願だったオロロンライン・天塩から稚内へ向かう北側の区…

2015.11.13(金) 道北めぐり⑤ 仁宇布~美深~名寄

▲(道内41局目・再訪) 美深(びふか)郵便局 仁宇布と共に、局舎写真が未撮影だったために再訪した。 初回はまだ局舎撮影を始める前の2010年6月25日で、西興部~雄武~枝幸~仁宇布~美深と回った。 風景印は、付近の松山湿原の景色でしょうか。 美幸線の存…

2015.11.13(金) 道北めぐり④ 仁宇布~美深~名寄

枝幸から、局舎未撮影の仁宇布~美深と進む。 北海道に来た年にめぐったところで、懐かしい場所。 ▲(道内・157局目再訪) 乙忠部(おっちゅうべ)郵便局 国道238号線を紋別方面へ南下したところにある。海沿いの静かな漁村。 遠くにオホーツクの海が見えて…

2015.11.13(金) 道北めぐり② 天塩中川~音威子府~歌登

上川地方最北部の中川町。宗谷周辺はかなり最初の頃に終わっており、中川のあたりだけ残っていた。 やっと来れた。 ▲(道内・1332局目) 中川郵便局 中川町は人口2000人弱の、静かな町。隣の幌延町は宗谷管内で、天塩町は留萌管内なので 合併しにくかったの…

2015.11.13(金) 道北めぐり① 天塩中川~音威子府~歌登

朝、天塩の町を出、本当は関係ない方向の道道天塩稚内線を走る。 最果てという感じがするが、札幌からは下道でも5~6時間でたどり着けて、 留萌~羽幌経由で来ると意外と近かったりする。 国道40号線へ出て郵便局めぐりを開始。 ▲(道内422局の再訪) 雄信内…

2015.11.13(金) 道北・サロベツ原野など

久しぶりに道北へ行ってきた。 夏にはあれほどの旅人たちの行きかうサロベツも、この季節は地元の人と工事業者くらいしか目に付かない。 それにしても、北国の空は陰鬱だ。天塩のオトンルイ風力発電所。 国道40号、天塩橋。二桁国道らしくない、質素な風情。…

2015.11.13(金) 雪景色の、美幸線沿い

ついに、おそれていた雪景色。連休で、道北へ行ってきた。 旧美幸線のトンネルを転用した、天の川トンネルの入り口にて。 仁宇布駅の跡。トロッコ王国となっているが、冬はお休み中。 音威子府の駅そば。やっと食べれました。

2014.6.26(木) 豊富温泉~羽幌

次の日は豊富からバスで留萌へと戻った。豊富温泉は最北の温泉街とのことだが、古きよき日本の湯治場という感じ。アトピーに効くらしい。特に冬場、風呂に入ったり出たりして疲れた体をほぐすのは北国での暮らしの最高に幸せだ。でも今日は温泉を味わうには…

宗谷本線・臨時快速

幌延からは、ここ一年で何度もお世話になった特急サロベツの代替臨時快速。最初1~2ヶ月と思われたが結局1年も走り続けた。とりあえずは、お疲れ様。 豊富で臨時快速はスーパー宗谷と交換。しかし宗谷本線、ローカル線だが長距離列車が残されていて不思議な…

2014.6.25(水) 日本海沿いを、北へ

島から戻りもう十分なのだが、せっかくなのでさらに北上。6月の北国はとにかく日が長い。 道北の空は、ひたすらに広い。天塩川。 ▲(道内・426の再訪)幌延郵便局 2011年8月19日に訪問済だが、前を通ったので。

2011年12月30日 豊富温泉から稚内そして札幌

豊富温泉に泊まり、翌日は豊富駅からJR宗谷線で稚内へ出る。 稚内からは高速バス・わっかない号で札幌へ戻った。 翌朝は吹雪だった。 △宿の玄関から外を見る △バス停は雪まみれに △留萌からはるか160キロを走破してきた、沿岸バス留萌~豊富線。吹雪の中、わ…

2011年12月29日 道北・豊富温泉へ

夏に行った天塩温泉がよかったので、今度はその近くの豊富温泉へいくことにした。 この時は珍しく、車ではなく高速バスと電車の乗り継ぎとした。 郵便局めぐり抜きでの旅となった。 △高速バス 高速るもい号で出発。 帰省の客でバスは結構は人だった。この線…

2011年9月27日(火)② 沼田~幌加内~朱鞠内

①からの続き ▲444. 北竜簡易郵便局 通常郵便局から格下げになったもののようだ。 ▲445. 沼田郵便局 沼田はもともと札沼線と留萌本線の連絡駅だったが、新十津川~石狩沼田が廃止された。 滝川~沼田間は、国鉄~JRバスが結んでいたが、これも廃止された。 周…

2011年8月20日(土) 天塩~音威子府~札幌帰宅

帰宅の途につく。土曜日のため郵便局めぐりは出来ないので、 資料館とかを寄り道しながら帰ることにする。 △天塩川歴史資料館。 天塩町の中心にある資料館。天塩にはずっと行ってみたかった。 どこかで読んだ、北前舟に関する本の中ではこの天塩が北海道側最…