manok 郵便局めぐり(風景印と旅行貯金の記録)

旅と郵便局めぐりの記録です。

2010.06.25 道北・天北線沿い

北海道、3回目の郵便局めぐり旅。最東端を押さえた後は北へ。

天北線と美幸線の未成区間を巡る旅でした。

天北線は子供時代から乗りたい路線でしたが、間に合いませんでした。

 

f:id:manok-rosen:20210120215459j:plain

▲34. 歌登(うたのぼり)(再訪・2015/11/13)

前夜は歌登健康回復村に泊まって、ここからスタート。

歌登は北見枝幸から山側に入ったところで、冬は北海道でも一番寒い地点の一つ。

映画・駅~Staion、の中でヒロインの桐子(倍賞千恵子)の出身地。「ううん、私は歌登。もっと北の、山の中」みたいな台詞が印象に残ってます。

 

f:id:manok-rosen:20210120222348j:plain

▲35. 小頓別(しょうとんべつ)(再訪・2019/10/2)

ここは天北線の駅があったところで、ここで歌登への村営軌道が分かれてました。そのせいで今でも丹波屋旅館という駅前旅館が残ってます。

天北線が廃止になるまで、急行天北の停車駅でした。今でも札幌・旭川~枝幸の都市間バスが通ります。一度乗ってみたいと思いつつそのまま。

 

f:id:manok-rosen:20210120223243j:plain

▲36. 中頓別(なかとんべつ)(再訪・2010/10/19)

ここも天北線の駅のあった町。今でも駅の後は交通ターミナルになってます。

 

f:id:manok-rosen:20210120223831j:plain

▲37. 下頓別(しもとんべつ)(再訪・2010/10/19)

中頓別よりさらに海の方に下ってきたところにある。

この辺の天北線の駅の跡はよく残ってるみたいです。

 

f:id:manok-rosen:20210120224423j:plain

▲38. 浜頓別(はまとんべつ)(再訪・2010/10/19)

天北線が海沿いに出る町。ここから興浜北線が分岐してました。

 

f:id:manok-rosen:20210120225058j:plain

▲38. 枝幸(えさし)(再訪・2015/11/13)

興浜北線の終点、北見枝幸のあった枝幸の町。道南の江差と同音のため「オホーツクの枝幸」「稚内の方の枝幸」などと呼ばれてます。カニの水揚げで有名。

 

f:id:manok-rosen:20210120225720j:plain

▲39. 仁宇布(にうぷ)簡易(再訪・2015/11/13)

枝幸からは美幸線の未成線沿いに峠越えをしてこちらへ。

山の中に僅かに住宅が残ります。

 

f:id:manok-rosen:20210120230243j:plain

▲40. 美深(再訪・2015/11/13)

名寄盆地の北側で、美幸線の起点だった町。

この日はこれで終了。札幌へ帰りました。

いやしかし、憧れの美深の町。楽しかった。