郵便局めぐり(風景印と旅行貯金と旧線路情報)

郵便局と駅・廃線跡めぐり旅の記録です

2021.03.02 苗穂・静内

2021年2~3月の北海道旅、4日目。

何とか札幌まで移動したものの、次の日は大雪でした。とりあえず札幌に戻ろうとするのは、長く住んでたせいです。

この日の郵便局は2局のみ。まず、建て替えられたばかりの苗穂駅前局へ。

 

f:id:manok-rosen:20220324213630j:plainf:id:manok-rosen:20220324220322j:plain

▲(北海道・640局/全国・690局)苗穂駅前郵便局(3訪)

局番:90208 1931(昭和6)年11月16日開設(2020/8/1一時閉鎖~2021/2/1再開)

局舎の老朽化による建て替えでしばらくお休みでした。駅からは少し歩きます。苗穂駅が移転したため前よりは近くになりました。

ここで買えなかった雪ミクのフレーム切手をやっと購入できましたが、2022年は雪ミク小型印はなかったためお蔵入り。小型印はこのまま終了かな・・。

移動(苗穂→南千歳→新ひだか

この後は日高方面へ。大雪のためこの日運転していたのは札幌近郊区間千歳線の苫小牧までと日高線日高線代行バスだけ。

日高線は持ってる道東フリーパスはエリア外なので、南千歳でレンタカーを借りることにしました。

 

f:id:manok-rosen:20220324220348j:plainf:id:manok-rosen:20220324220413j:plain

 

f:id:manok-rosen:20220324213827j:plain

▲(北海道・423局/全国・690局)静内郵便局(再訪)

局番:90017 1875(明治8)年1月1日開設

日高に入ると雪は雨に変わりました。暖かいのですね。

静内(新ひだか)は日高地方の中心の一つ。振興局は浦河にありますが、ここも町としては大きいです。

静内駅日高線の運転上の拠点で、廃止されるまではみどりの窓口も営業してました。

 

f:id:manok-rosen:20220324221506j:plain

この日の軌跡。札幌から静内・浦河へは一直線なんですね。